北海道までの経路比較(栃木→北海道)

栃木より北海道までの移動経路比較。
時間、費用、走行距離など色々な観点から。

条件

人:1人
バイク:XJR1300(排気量:1250cc)
燃費:20km/Lで計算
ガソリン価格:¥135/Lで計算
時期:2018年9月上旬
自走区間は高速道路を使う、時間はGooglemapより。

プラン1 栃木→(自走)→大洗→(フェリー)→苫小牧

自走

最寄りI.Cより水戸大洗I.C

  • 距離:91.4km(高速75.9km)
  • 高速道路料金:2,250円(通常料金)
  • 時間:1時間16分
  • 下道で行った場合
    距離92.1km
    2時間13分

フェリー

  • 海運会社:三井商船フェリー(さんふらわあ)
  • 運航ダイヤ
    出港時間:19時45分(夕方便)
    着港時間:翌日13時30分
    所要時間:17時間45分
  • 運賃(B期間)
    バイク:16,460円
    人:4,790円(コンフォート)
    合計:21,250円

まとめ

  • 走行距離
    91.4km
  • 費用
    23,914円(ガソリン414円 + 高速2,250円 + フェリー21,250円)
  • 時間
    約19時間(自走1時間16分 + フェリー17時間45分)
  • メリット
    フェリーでゆっくり体を休め、北海道上陸後のプランを考える時間がある。
  • デメリット
    費用が高い。
    時間がかかる。

プラン2 栃木→(自走)→新潟→(フェリー)→小樽

自走

最寄りI.Cより新潟亀田I.C

  • 距離:283km(高速272.4km)
  • 高速道路料金:6,160円(通常料金)
  • 時間:3時間24分
  • 下道で行った場合
    距離258km
    5時間11分

フェリー

  • 海運会社:新日本海フェリー
  • 運航ダイヤ
    出港時間:11時45分
    着港時間:翌日04時30分
    所要時間:約16時間
  • 運賃(期間A)
    バイク:8,430円
    人:6,680円(ツーリストC)
    合計:15,110円

まとめ

  • 走行距離
    283km
  • 費用
    23,180円(ガソリン1,910円 + 高速6,160円 + フェリー15,110円)
  • 時間
    約19時間20分(自走3時間24分 + フェリー16時間)
  • メリット
    フェリーでゆっくり体を休め、北海道上陸後のプランを考える時間がある。
    早朝に北海道上陸のため、1日目から北海道を満喫できる。
    ※早朝4:30から走り回っていたら1日体力が持たない気もするが…。
  • デメリット
    費用が高い。
    時間がかかる。

プラン3 栃木→(自走)→青森→(フェリー)→函館

自走

最寄りI.Cより青森I.C

  • 距離:600km(高速588km)
  • 高速道路料金:9,650円(通常料金)
  • 時間:6時間50分
  • 下道で行った場合
    距離630km
    12時間28分

フェリー

  • 海運会社:津軽海峡フェリー
  • 運航ダイヤ
    出港時間:10時00分 他一日8便あり
    着港時間:13時40分
    所要時間:約3時間40分
  • 運賃(期間A)
    バイク:4,440円
    人:2,770円(スタンダード)
    合計:7,210円

まとめ

  • 走行距離
    600km
  • 費用
    20,910円(ガソリン4,050円 + 高速9,650円 + フェリー7,210円)
  • 時間
    約10時間30分(自走6時間50分 + フェリー3時間40分)
  • メリット
    フェリーで体を休める時間はある。(プランも立てられるかな)
    フェリーが1日8便と豊富、都合に合わせた便を選べる。
    朝到着便を選べば1日北海道を楽しめる。
    時間が短い
  • デメリット
    走行距離が長い。(だがほぼ高速)

プラン4 栃木→(自走)→大間→(フェリー)→函館

自走

最寄りI.Cより下田百石I.C

  • 距離:696km(高速554.5km)
  • 高速道路料金:9,180円(通常料金)
  • 時間:9時間10分
  • 下道で行った場合
    距離702km
    14時間14分

フェリー

  • 海運会社:津軽海峡フェリー
  • 運航ダイヤ
    出港時間:7時00分 他一日2便あり
    着港時間:8時30分
    所要時間:1時間30分
  • 運賃(期間A)
    バイク:2,570円
    人:2,260円(スタンダード)
    合計:4,830円

まとめ

  • 走行距離
    696km
  • 費用
    18,735円(ガソリン4,725円 + 高速9,180円 + フェリー4,830円)
  • 時間
    約10時間40分(自走9時間10分 + フェリー1時間30分)
  • メリット
    費用が安い。
    時間が短い。
    朝8:30着の便なら1日北海道を楽しめる。
  • デメリット
    走行距離が長い。(下道も結構ある。)
    フェリーでの時間は少ない。

まとめの比較

プラン1(大洗) プラン2(新潟) プラン3(青森) プラン4(大間)
走行距離(km) 91.4 283 600 696
走行時間 1時間16分 3時間24分 6時間50分 9時間10分
乗船時間 17時間45分 16時間 3時間40分 1時間30分
総移動時間 19時間 19時間20分  10時間30分 10時間40分
費用(円) 23,914 23,180 20,910 18,735
 到着地  苫小牧 小樽 函館 函館
フェリー 便数
(1日)
2 1 8 2
  • 費用と時間を取れば「プラン4(大間)」が一番良い。
  • 費用、時間にも余裕があるなら「プラン1(大洗)」が良いが、到着が13:30(夕方便)と
    19:45(深夜便)なので到着した日は半日or泊まるだけになる。
  • フェリーの便数はダントツで青森が多く都合に合わせやすい。
  • 走行距離が長くなれば長くなるほど時間はかかる。(休憩や渋滞、給油など)
  • フェリーの乗船時間は乗っているだけなので、体を休めたり、プランを立てたりすることができる。(船酔いしなければ)
  • それぞれのプラン一長一短あり
    フェリーの出港時間、到着時間など
    到着地から回りたい観光地などの距離など。
    まとめてみた感じはでどれが割安、割高などは特に無いように思う。