玉ねぎ

家庭菜園・ガーデニング

品種

玉ねぎの品種は、生長速度によって種類が分かれています。主に短期間で収穫できるものを早生(わせ)、ゆっくり生長していくものを中生(なかて)、晩生(おくて)と呼びます。品種によって貯蔵期間も異なります。
早生(わせ)
早生品種は、辛味が少なくみずみずしいためサラダなどに向いてます。新玉ねぎと呼ばれ販売されることが多いのでなじみ深い種類です。苗を植えてから収穫までの期間が短いですが、貯蔵には向いていないため、収穫したらすぐに食べるようにしましょう。
中生(なかて)・晩生(おくて)
生長は早生に比べてゆっくりで、収穫期間が長く3~6月まで収穫を楽しめます。また貯蔵に向いているので、大量に作るなら中生と晩生を選ぶと良いでしょう。最長で9カ月間貯蔵できます。早生に比べると辛味があるため、炒め物などに使うのがおすすめです。

出典: agripick.com

 

苗の定植時期

11月中旬から下旬に植え付けるのであれば早生品種を、11月下旬から12月上旬であれば中生・中晩生品種が適しています。

出典: www.hyponex.co.jp

追肥

1回目の追肥は12月中旬〜下旬頃。株間に鶏ふんやボカシ肥などを施します。

その後も生長を見て、土がやせている場合には、2月下旬頃に2回目の追肥を行います。

生育期の後半に追肥をすると首のしまりが悪くなるので、2月以降は追肥を控えるようにしましょう。

出典: ymmfarm.com

 

タマネギは、冬の間はほとんど生長しません。
秋に苗を植え付けてから本格的に寒くなるまでの間と、
年を越して寒さが緩みだす頃以降に生長します。

 

そのため、寒い間は肥効は必要がなく、生育期には肥効が必要です。

 

タマネギは品種によって、極早生~晩生に分かれます。
極早生は収穫が早く、晩生は収穫が遅くなる品種なので、
止め肥のことを考えれば、肥料を効かせるタイミングがずれてきます。

 

中間地では早生、中生、中晩生の品種を育てることが多いので、
この3つのタイプの追肥のタイミングをまとめました。

 

・早生品種
早生は収穫期が4月~5月頃となるので、止め肥は3月上旬までとなります。
1回目:植え付け2週間後
2回目:1月下旬~2月上旬
3回目:2月下旬~3月上旬

 

・中生、中晩生品種
中生、中晩生タイプの品種は、収穫期が5月~6月が基準となるので、

止め肥は4月上旬までが目安となります。
1回目:植え付け2週間後
2回目:2月下旬~3月上旬
3回目:3月下旬~4月上旬

出典: xn--ock7a3bwd939y2nu.com

栽培記録(2020)

コメント

タイトルとURLをコピーしました